ごあいさつ

大腸肛門科 仙台桃太郎クリニックは、平成19年5月1日に開業した肛門と大腸の専門のクリニックです。


近年の肛門手術は「いぼをとる」「あなを切りひらく」ものではありません。昨今の確立した肛門治療では機能的に破綻した静脈瘤組織を血管外科的に処理し、さらに形成外科的に肛門の機能を温存しながら再発をさせない、そしてきれいな肛門に治す括約筋温存の低侵襲手術が行われます。この手術の優劣は繊細な技術と論理的な知識、そして豊富な経験の積み重ねに左右されるところでもあります。また、正確な「みたて」により薬物療法、注射療法の適応を適切に選択することも大切です。もともと痔のほとんどは薬物治療で症状をなくすことができるものです。仙台桃太郎ではこれまでの基礎医学と臨床医学の知識と経験をもとに、さまざまな治療法の利点・欠点をわかりやすくご説明しながら、正確な診断と丁寧な治療に努めてまいります。

院長写真

 

また最近、日本人のメタボリック症候群がホットな話題になっています。これは食事の欧米化によるものと考えられておりますが、これは肥満、高血圧、糖尿病などの慢性疾患を引き起こすだけではありません。食生活の欧米化により日本人の大腸がんは徐々に増加してきており、2020年にはがん統計のがん罹患率で男女ともに大腸がんが第一位になるとも推測されています。
これは、脂質の取り過ぎ・食物繊維の摂取不足の食生活が腸内環境を悪化させて(腸内細菌の悪玉化)、大腸がんの発生を助長していると最近の研究では考えられております。さらに昨今では大腸がんだけではなく、ストレス性の過敏性腸症候群、慢性便秘症、炎症性腸疾患などさまざまな腸疾患も若年者を中心に増加してきております。
当院では日頃の大腸の検診だけではなく、大腸がんの予防のために運動療法や管理栄養士による食事指導なども交えながら、日頃の健康サポーターとして皆様のお役に立てるよう職員一同、力を合わせて工夫と努力を積み重ねてまいります。

仙台桃太郎クリニックは適切かつ最良の大腸肛門病の専門治療をおこないながら、急増しつつある大腸がんの早期発見と予防にも力を尽くしてまいります。



■経 歴

 平成元年

 平成4年
 平成6年
 平成9年
 平成11年
 平成19年

東北大学医学部 卒業
仙台医療センター
東北大学医学部第一外科

東北大学医学部大学院 入学
東北大学医学部大学院 卒業
所沢肛門病院
大腸肛門科 仙台桃太郎クリニック

学士号取得
外科 心臓外科 血管外科 麻酔科 救急センター 勤務
入局
分子病理学教室で消化器がんのがん抑制遺伝子の研究

医学博士号取得  
大腸肛門病センター 勤務
開業



■資 格

 日本大腸肛門病学会



 日本外科学会
 日本消化器病学会 
 日本医師会認定
 日本医師会認定

専門医 
平成19年 指導医 
平成20年 専門医修練施設 申請予定
専門医
専門医 
産業医
健康スポーツ医



平成元年、東北大学医学部を卒業後仙台医療センターで3年間、消化器外科をはじめ、心臓外科、血管外科、麻酔科、ICU、救急センターなどで医療最前線の外科臨床に携わり研鑽を積んでまいりました。
平成4年、東北大学医学部第一外科(現消化器外科学講座)に入局、難治性消化器がんにおける集約的治療法の臨床と研究に従事しました。大学院では分子病理学講座で消化器がんのがん抑制遺伝子の探索と同定、さらに “がん家系”といわれる家族性大腸がんのがん関連遺伝子の研究と臨床応用に没頭してまいりました。
平成8年、父が急逝したのち東北大学医学部第一外科の松野正紀教授と所沢肛門病院の金井忠男院長に教えをいただきながら、あらためて大腸肛門病の臨床の道に進むことを決意しました。東北大学病院を辞した後、全国でも屈指の症例数を誇る所沢肛門病院で大腸肛門病の臨床に従事してきました。これまでに肛門手術6,000件以上、大腸内視鏡10,000件以上の症例を大腸肛門病治療の最前線で経験してまいりました。技術的にも理論的にも洗練された大腸肛門診療を心がけてまいります。